シャワーを浴びる? 危ないよ? シャワーの危険とは

 

 お風呂に入る前にシャワーを浴びますよね?

 

 でも実は、これって危険がいっぱいなんです。

 

 

シャワーだけの入浴

 

 

『シャワーを浴びて、浴槽には入らない』

 

 

 この行為、出来ればやめてください。

 

f:id:haiirobanana:20161029210903j:plain

 

 さむーいお風呂場で、冷えた体に熱いお湯をかけると、体がびっくりします。

 

 

 最悪、脳梗塞や心筋梗塞もありえますよ。

 

 

 それにシャワーだけで、芯まで温めるのは難しいんです。

 

 シャワーを40分も出来ませんよね。

 

f:id:haiirobanana:20161029211051j:plain

 

 

 表面だけを温めただけで、シャワーをやめるとすぐに冷えちゃいます。

 

 水が熱を奪っていくので、シャワーの前より冷えちゃいますよ。

 

 

 たとえ夏であっても、出来ればお風呂にはいってください。

 

 

 

入浴前はかけ湯

 

 

 ではでは、本題です。

 

 入浴するまえのシャワーをかけ湯に替えてください。

 

 

f:id:haiirobanana:20161029211831j:plain

 

 

 風呂のくすりを入れたお湯を桶ですくって、

 

 足先からゆっくりとかけましょう。

 

 

 間違っても、頭からザバーっとかけちゃダメです。

 

 体がびっくりしてしまいます。

 

 

 これは温泉などへ行ったときも一緒です。

 

 かけ湯を足先からかけて、ゆっくりと全身をお湯の温度に馴染ませましょう。

 

 そうすれば、ゆったりと良いお風呂を楽しむことが出来ますよ。

 

 

本日のまとめ

 

『シャワーはやめる』

 

『足先から順番に』

 

 心臓から遠い場所から温めて、健康な体を手に入れてくださいね。