子供の冷えは、今日からすぐに改善しよう。

 

 昨日に引き続き、子供の冷え性についてです。

 

 前回の記事を読んでない方はそちらもお読みください。

 

 

www.watage-blog.com

 

 

 子供の冷えって、大人と比較すれば、

 

『子供の冷えの方が危険』

 

 なんです。

 

 

 

 ちいさな体

 

 あなたと比べて、子供たちの方がちいさい体をしてますよね。

 

 その分、血管も小さくて細いんです。

 

 

f:id:haiirobanana:20161104201230j:plain

 

 

 『細い枝』と『太い枝』

 

 折れやすいのは、細い枝ですよね?

 

 

 それは血管も一緒。

 

 

 なので、大人よりも冷えの影響を受けやすいんです。

 

 成長に影響

 

 冷えちゃうと、血流が悪くなり、

 

 全身に栄養が届かなくなります。 

 

 

 その影響で、成長障害が起きることがあるんです。

 

 

 

f:id:haiirobanana:20161104201420j:plain

 

 

『最近の子は落ち着きがない。怒りやすい』

 

 

 なんて話し、聞いたことありますよね?

 

 

 これも、冷えが原因って話しもあるんです。

 

 

 体が冷えちゃって、脳に酸素と栄養が届かなくなって、

 

 

  ・ 脳が成長しない。

 

 

  ・ 脳の機能が低下する

 

 

 

 そうすると、落ち着きがなくなったり、

 

 怒りっぽくなったりします。

 

 

f:id:haiirobanana:20161104201710j:plain

 

 

 これは大人も一緒なんですが、成長しなきゃいけない分だけ、

 

 子供たちの方が影響が強いんです。

 

 

 どうするべきか

 

 冷えは 

 

 睡眠、食事、運動、お風呂、ストレスなど

 

 生活のすべてが影響します。

 

 

 なので、規則正しい生活をすれば改善するんですが、

 

『今日からすぐに改善!!』

 

 と言うことにはなりません。

 

 

 足湯や半身浴で温めて体温を維持し、

 

 運動や食事を改善して体を変える。

 

 

 まずは、子供の冷えは危険、だということを認識してください。

 

 ゆっくり、一緒に温めてあげてください。

 

 

『お腹の調子が悪い子』

 

『集中力が無い子』

 

『落ち着きが無い子』

 

 

 冷えて無いか、足先を触ってあげてください。

 

 

 今日のまとめ

 

 

『冷えちゃうと将来に影響が……』

 

 

 あなたが気づいて、あなたも一緒になって改善しましょう。

 

 ゆっくり、焦らす、ゆるゆる改善しましょう。

 

 

www.watage-blog.com

 

 

 家族全員で足湯、なんてのもいいかもしれません。