あなたは健康? 不健康? 体温でチェックしましょう 

 

 突然ですが、

 

『あなたは自分が健康だと言えますか?』

 

 なんとなく体が怠いから不健康?

 

 何にも苦労してないから、たぶん健康?

 

 お医者様でもない限り、自分の体調なんてわからないですよね?

 

 自分ではすっごく元気だと思っていても、体は悲鳴をあげているかもしれません。

 

 血圧や朝食の量、排便の量など、色々な計り方があるようですが。

 

 

f:id:haiirobanana:20161119191124j:plain

 

 

『体温でチェックするのが簡単でおすすめですよ』

 

 

 体温の重要性

 

 家に体温計、ありますよね?

 

 おそらくは『風邪かなー』と思った時にしか使うことは無いと思います。

 

 ですが、

 

 ・自分の健康を知るため、

 

 ・将来の病気を回避するため、

 

 ・健康な体を維持するため、

 

 そのためにも体温を測ってみてください。

 

 

f:id:haiirobanana:20161119191536j:plain

 

 

 体温からわかることは

 

『熱があるから風邪かなー』

 

 だけじゃないんです。

 

 ・今日の体調

 ・風邪のリスク 

 ・老後の病気のリスク

 ・肩こりの有無

 

 などなど、本当にいろいろな情報が詰まっています。

 

 人命救助の現場では、体温をチェックして救助の優先順位を決める場合があるんだとか。

 

 

f:id:haiirobanana:20161119191700j:plain

 

 体温とは、体にとって重要な指標になっているんです。

 

 体温をチェックして、自分の体調を把握してみませんか?

 

 

 健康な体温とは

 

 人間の体は、36.5℃の時が一番ベストな状態で動いてくれます。

 

 それがどんどん下がって行っちゃうと、体調不良につながり、その体調不良が体温の低下につながるんです。

 

 そして体温が下がり続けた先は、お葬式が待っています。

 

 

f:id:haiirobanana:20161119191933j:plain

 

 

 それでは、体温別に体の状態を見て行きましょう。

 

 まず、35.5度以下になると、排泄機能が低下します。

 胃や腸の機能が正常に働かなくなるんです。

 

 35℃以下になると、癌細胞が増加すると言われています。

 癌になるリスクが大幅に増える可能性が高いんだそうです。

 

  34℃以下、溺水後生命回復の境界線。

 海で溺れて助かるには、34℃以上を維持しないといけません。 

 

 30℃以下になると、意識がなくなります。 

 

 29℃以下になると、瞳孔が開きます。

 

  

 つまり

 

『一日を通して35.5℃以上なければ、健康とは言えないんです』

 

 

 体温で健康管理

 

 それでは、具体的なやり方を説明します。

 

『 朝、起きてすぐに体温を測ってみてください』

 

 

f:id:haiirobanana:20161119192136j:plain

 

 

 人間の体温は周期があって、寝ている間が一番冷えるんです。

 

 なので、朝の体温をチェックするのが一番効果的。 

 

 もし起きた時の体温が36℃以上なければ、あなたの体は上手に機能していません。

 健康な体じゃないんです。

 

 

 ・体温の低下によって、良質な睡眠が得られず、疲れが抜けていない可能性があります。

 

 ・体温の低下によって、血流が全身に行き渡らず、肩こりなどが起きやすい状態になっている可能性が高いです。

 

 ・体温の低下によって、胃腸などの内臓が弱っている可能性があります。

 

 ・体温の低下によって、免疫が落ちて、風邪をひきやすく、長引きやすい体になっているかもしれません。

 

 ・体温の低下によって、癌などの重大な病気にかかりやすくなっているかもしれません。

 

 

 最低でも1か月の調査を

 

 上記の通り、人の体温はその日の体調によっても変化します。

 

 疲れやストレス、飲酒、期間などの周期によって変わってくるんです。

 

 なので、最低でも1か月は毎日計ってみてください。

 

 できることなら、毎日の習慣にしてください。

 

 

f:id:haiirobanana:20161119192315j:plain

 

 

『よし、今日は朝から36℃あるし、健康だね』

 

 そんな習慣を身に着けてください。

 

 

 本日のまとめ

 

『自分の健康状態を知るために体温を測りましょう』

 

 体温は正直です。

 

 若くて健康的な人は体温が高く、

 老いて不健康な人は体温が低いんです。

 

 自分を見つめなおすきっかけに体温を使ってみてください。

 

 36.5℃の幸せな体を手に入れましょう。

 

 

www.watage-blog.com

 

 

 低い体温を上げるための方法は ↑ ↑ にまとめてあります。

 

 ぜひ、読んでみてください。