冷えに効く、生姜の正しい使い方 

 

 いきなりですが、「冷えの改善には生姜がオススメです」

 

 そもそも、生姜って体に良いイメージがありますよね?

 特に冷え対策には最適ってイメージがありますよね?

 

 ーー 大正解です。

 

f:id:haiirobanana:20161208194214j:plain

 

 

 生姜は、一部の人達の間では、万能薬なんて言われ方もしています。

 

 もちろん、生姜は冷えの改善にも効果があると言われていて、

 

 生姜に含まれる「ショウガオール」と呼ばれる成分が血行を促進してくれて、

 

 体をぽかぽかにしてくれるんです。

 

 ですが、摂取のしたかを間違うと、「逆に体を冷やす」なんてことも、

 

 正しい調理法で効果的に生姜を摂取してください。

 

ショウガオール

 

 体を温めてくれる「ショウガオールさん」なんですが、

 

 じつは「生の生姜には入っていません」

 

 なので、ひと手間加えて、ショウガオールに登場して貰う必要があります。

 

 そのために必要なのが、

 

 「加熱」

 

 なんです。

 

f:id:haiirobanana:20161108215314j:plain

 

 ショウガオールはもともと「シンゲロール」と呼ばれるものが、

 

 熱や乾燥によって変化したものなんです。

 

 なので、

 

「温めるためには乾燥や加熱が大切!!」

 

 生のまま飲んでると、冷え解消には繋がらないかもしれません。

 

 

生の生姜 

 生の生姜には、殺菌作用や熱を和らげる効果があると言われており、

 

 健康にも良いのですが、

 

「冷え解消のためには、ひと手間加えてあげてください」

 

f:id:haiirobanana:20161208195645j:plain

 

 加熱した生姜を食べれば、体温があがります。

 

 体温をあげれば風邪予防にもなります。

 

 ですが、もし、風邪真っ最中なら、すりおろした直後の生姜を飲んでくださいね。

 

f:id:haiirobanana:20161119191536j:plain

 

 予防には加熱。

 なっちゃったら非加熱。

 

 そんな調理がオススメです。

 

どんなレシピが良いの?

 

 体を温めることを目的とするなら、

 

 生姜湯にするのがオススメです。

 

f:id:haiirobanana:20161127011524j:plain

 

 皮ごとすりおろした生姜を水でのばして加熱してあげる。

 

 そこに蜂蜜や自家製のジャム、レモンやハーブなどなど、好きな物を入れて煮てあげれば完成です。

 

 酒粕を混ぜて甘酒にしちゃうのも有りですね。

 

 蒸した生姜を乾燥させておき、煮物やカレー、お味噌汁などの隠し味に使うのも良いですね。

 

 蒸して乾燥させた生姜は、香りが薄くなるため、隠し味にはぴったりですよ。

 

本日のまとめ

 

「コーヒーのかわりに生姜湯」

 

「風邪には非加熱。

 予防は加熱」

 

 普段の食生活の中に加熱した生姜を取り入れて、

 

 健康的な体を手に入れてください。

 

 もしどうしてもダメなら、漢方で摂取もありですよ。

 

 朝、生姜湯から1日が始まる。そんな生活が良いですね。